ごちゃまぜブログ

理学療法士の看多機研修

2020.08.14.Fri

カテゴリ:働くひと

投稿者:長田 ちひろ

8月5日からぐるんとびーに入社しました、訪看専属で理学療法士の長田ちひろです。

今は訪問リハビリの同行が主な研修ですが、
3日目の午後は看護小規模多機能型居宅介護(略してカンタキ)に入らせて頂きました。

まず入って第一印象は、心地よい、なんか落ち着くなーという感じを受けました。
木製の床やテーブルと椅子、暖色の照明。すぐに腰掛けられるソファー。
お茶や食事をすぐ出せるキッチン。
まるでおうちのリビングに居るような居心地でした。

そこで利用者さんは各々の定位置で、好きな事に取り組み、過ごしていらっしゃる。
また、先頭を切って昼食を作っている方もいて、逆にスタッフがアシスタントをしているようにも見えました。笑

昼食も出来上がり、みんなでいただきます!
今日は冷やしうどん。野菜が彩よくカラフルに出来上がりました。
暑い日だったので、皆さん美味しそうに召し上がっていました。

そこはまるで家族のような空気感で、温かい。
そして、誰から指示される事なく自然と自分が出来る事をやっている。それが人の為、誰かの為になって、生きる力に繋がり、結果自分の為になっている。
そんな深い出来事がワンフロアで行われていて、病院で働いていたときとは全く違う学びを受けました。その学びを今後の訪問リハビリに活かしていこうと思います。

タグ: ,

この記事を書いた人

長田 ちひろ

訪問看護 理学療法士

4人の子供の育児に奮闘中!
(小1:男、年中:男女、2歳:女)
学生時代は陸上長距離で心身共に鍛えられました。

プロフィール詳細へ