ごちゃまぜブログ

ぐるんとびーでのリハビリ

2020.08.21.Fri

カテゴリ:未来へ

投稿者:石川 和子

先月21日に徳洲会病院に入院し手術・リハビリをされていましたが、認知症も相まった帰宅願望から、夜間の不穏が強まってしまい、拘束せざるを得ない状態にまでなっていたとのこと。

夜間の興奮状態を考えると、
その後受け入れてもらえる回復期病院も少なく、
ご本人・ご家族も、1日でも早い退院を望まれたため、ぐるんとびーにて生活の中でのリハビリを実施する事になりました。

ぐるんとびーでのリハビリを始めて、
そろそろ3週間が経とうとしています。

ぐるんとびーに来てから、
病院で見られていた興奮状態は一度も見られておらず、リハビリにも集中できています。

本来であれば、回復期病院へ入院しているのが自然な流れ。
ですが、この方にとっては違う。

生活に密着したリハビリテーションの必要性を強く感じます。

左大腿骨頸部骨折後の利用者さん。先月21日に徳洲会病院に入院し手術・リハビリをされていましたが、認知症も相まった帰宅願望から、夜間の不穏が強まってしまい、拘束せざるを得ない状態にまでなっていたとのこと。夜間の興奮状態を考えると、その後受け入れてもらえる回復期病院も少なく、ご本人・ご家族も、1日でも早い退院を望まれたため、ぐるんとびーにて生活の中でのリハビリを実施する事になりました。ぐるんとびーでのリハビリを始めて、そろそろ3週間が経とうとしています。ぐるんとびーに来てから、病院で見られていた興奮状態は一度も見られておらず、リハビリにも集中できています。本来であれば、回復期病院へ入院しているのが自然な流れ。ですが、この方にとっては違う。生活に密着したリハビリテーションの必要性を強く感じます。

株式会社ぐるんとびーさんの投稿 2020年8月20日木曜日

この記事を書いた人

石川 和子

ケアマネジャー、看護師

徳島出身
地域のサポートを受けながら二児の子育て中。

プロフィール詳細へ