ごちゃまぜブログ

こどもの遊ぶ権利をまもる

2020.04.17.Fri

カテゴリ:未来へ

投稿者:菅原 健介

今日も『スポトレ』で、子ども達は全力疾走。

公園の遊具はロープで囲まれ、ついに
学校の校庭だけじゃなく公園も使えなくなった。

近隣の大人が
『コロナで自粛になっているのに子どもが遊んでいる!』
って通報したそうで、公園の遊具にはロープが巻かれた。
✳︎本気で俺がぶった斬りにいくか悩む

外出自粛を真面目に守っているひとたち。

マジで、このままでいいのかよ。
ちょっと考えようよ。

子ども達の遊ぶ権利、学ぶ権利を軽視しすぎじゃないか。
3月から始まり、5月6日まで外出自粛。
(しかも伸びるかもだし)

こどもが息詰まるって。

医療現場が大変なのを理解していないわけじゃない。

想像を絶する危機感を感じながら
日本代表として戦ってくれていることは重々承知。

最大の敬意をもった上でいうけど
リスクはそこだけにあるわけじゃない。
子どもも含めて僕らは地域で生きている。

外出禁止なんで無理でしょ、俺はやらないよ。

ぐるんとびーは誰が何を言おうが
止められたってやり続けるよ。

小規模多機能も看護小規模多機能も
厚生労働省事業として『保険制度』として
事業停止措置をうけようが、事業停止して
地域住民として動き続けりゃいいだけ。

ご近所づきあいの延長線上で双方合意のもと動くよ。

正しさなんて、線引きできるもんじゃない。
病院医療側からしたら『おかしい』って見えるかもしれない。

でも、生活ってそういうもんだよ。

僕らは地域で生きている。

タグ: , ,

この記事を書いた人

菅原 健介

代表取締役、理学療法士

プロフィール詳細へ