ごちゃまぜブログ

ミセスりんごの憂鬱

2019.12.19.Thu

カテゴリ:働くひと, 美味しい

投稿者:今村 美都

1012日に関東圏を襲った台風19号は、長野県にも大きな被害を及ぼした。

ぐるんとびーからも看護師の鎌田恋乃実(このみ)が被災地支援に派遣された。

看護師として支援に入った鎌田は、気が付けば、公私ともに認める「JAの人」となっていた?!

JAの鎌田です」

別称「ミセスりんご」。

2019128日現在、日本で一番りんごのことを考えている人間は誰かと聞かれたら、迷わず「鎌田恋乃実です」と答えたい。

まずはミセスりんごが誕生するまでの経緯をサクッと追う。

鎌田にとっての初の被災地支援は、避難所がどんな混乱に陥るのか、被災地にはどんな支援が必要かを目の当たりにする絶好の機会となった。

ぐるんとびーでの平時からの防災の意義を痛感し、看護師としてもまた一回り成長と、同時に長野から帰ってきた彼女はPTSDに陥った。

「また行かせてください」と泣いて訴える彼女を代表の菅原健介と全体を統括するケアマネの石川が、夜中にスカイプで「落ち着け~」「今、行くのは君じゃなーい」となだめすかせたこともあったという。

何かしたい、しなければと思いを募らせる鎌田が少し冷静になって、自分にできることを考えた時に頭に浮かんだのが、避難所で出会った70歳のりんご農家さん。家も畑も被害を受けたにも関わらず、「十分に食べられる。だけれどプロとしてこのりんごを売るわけにはいかない」と、大量のりんごの在庫を抱えていた彼を説得し、募金のお礼にりんごを渡すという条件でりんごを売る許可を得た鎌田。

長野に再度足を運び、自ら運んだ130個近くあったりんごは、ぐるんとびーを中心に周囲に協力を仰ぎ、すべて完売、りんご募金には総額55,500円が集まった。

りんごの気持ちになってみる

128日にぐるんとびーのイベントで鎌田に会うと、開口一番「もうすぐりんごの時期が終わってしまうんですよね。その前に何かしないと」と変わらず、脳みそはりんごのことでいっぱい。

「聞いていた通りのミセスりんごっぷり!」と心の中でニマニマしていると、続けて、「私がりんごだったら、あの木にしがみついていられるだろうかと考えるんですよね」と、りんご農家さんの思いに寄り添う、を通り越して、りんごの気持ちにまで寄り添っとるがな! そこに、「最近スーパーでりんごを見ると、君たちは大丈夫だったのかい? 売ってもらえたんだね、って思うもんね」と、ぐるんとびーの大内由美(大内さんの記事はこちら)。

「また長野にりんごを取りに行きたいんですけど、シフト的に無理」という鎌田に、「ズル休みする? シフト表にりんごのシール貼っとくか」と石川が答えるという、ぐるんとびーらしい一コマを垣間見つつ、念の為、再確認しておくと、鎌田はぐるんとびーの看護師である。

介護看護を提供する事業所である以上、看護師である介護福祉士である作業療法士であるという専門性が求められることは言うまでもない。

けれど、その職域の枠をサクッと飛び越えて、いま目の前にいる人、いま目の前に起きていることにフォーカスして、自分にできることをやる。

やってしまう。周囲もそれを応援してしまう。

ぐるんとびーでは、それができる。

というわけで、「どうやってりんごを売ろう?」と頭を悩ませるJAの鎌田ことミセスりんごを見かけたら、ぜひりんご募金にご協力を!

(文責:医療福祉ライター 今村美都)

タグ: , , , , ,

この記事を書いた人

今村 美都

医療福祉ライター

2児の母。ぐるんとびーのおっかけ

プロフィール詳細へ