ごちゃまぜブログ

“放置”と“自由”についての違い。

2021.10.01.Fri

カテゴリ:働くひと

投稿者:菅原 健介

“放置”と“自由”についての違い。

小規模多機能も看護小規模も
毎日30分の朝のミーティングをしてる。

その中で3分間のブレストと共有。
毎朝のミーティングの中で、小さく小さく、

何度も何度も、話し合いをしていく。

毎朝30分なんてとれない!
と他の会社から言われるけど、“とれない”ではなく

“とらない”だけだと思う。

この繰り返しがケアに効いてきて、

結果、時間も生み出すんだよな。

“放置”についてはさらに議論になった。
本人が感じる放置。
家族が感じる放置。
介護的側面からの放置。

医療的側面からの放置。

全ての側面から100点はとれない。だからこそ
いろいろな側面で“気にかける”をピックアップし
“気にかける”をケアにつなげる意識

を持つことが大切なんじゃないか。

看護小規模多機能は出来て1年目の事業所なので
上手くいかないことが多いし、まだまだ未熟。
だからこそ悩むし、対話するし、

変化を強いられるからスタッフは苦しむ。

ただ、その先にしか目指す未来は創れないと思ってる。みんながんばれ〜!

(20+) Facebook

タグ:

この記事を書いた人

菅原 健介

代表取締役、理学療法士

プロフィール詳細へ