ごちゃまぜブログ

ルールが決まっていないからこそ、みんなで話し合う時間を取って、考える。

2024.05.08.Wed

カテゴリ:ほっこり, まちかど

投稿者:川邊 祐詩

【ルールが決まっていないからこそ、みんなで話し合う時間を取って、考える。】

地域の子どもたちが、ぐるんとびーの看多機に。
友達が友達を呼び、たくさんの子供たちが毎日来てくれるように。
しかし、スタッフが対応できない時間がうまれたりや、怪我や、忘れ物、自転車や靴の整理整頓、遊び終わった後の片付けなどなど、段々と運営上困ってくる事が増えてきた。
そこから、スタッフ同士で話し合いの時間を。
そもそも、ぐるんとびーが目指しているものは?という問いからはじまり、
「ぐるんとびーは児童館ではないよね。でも、全部を禁止したいわけではない。」
「地域の居場所、遊び場であり学び場でありたい。」
「子どもたちの意見を聞いてみては?一緒にルールを考えるとか。」
「みんなにとっての居場所になってほしい。」
「地域の子どもたちと利用者さんが関わる事で相互に良い関係性がうまれてほしい。」
などなどいろんな意見が出てくる。
全員で話し合い、お互いほどほど幸せな関係を築くことができる方法を考える。
このような時間を取って話し合う姿勢こそ、ぐるんとびーらしいな。と感じる。

みんなで話し合って、みんなで決める。自分たちの暮らしは自分たちで決めていく。

この記事を書いた人